渋谷のクリニックでインフルエンザだと診断される長所

渋谷のクリニックでインフルエンザだと診断されると、薬をとってきてもらえる、非常口から外へ、仕事を休めるという長所があります。クリニック内の医師は薬局内で流行するリスクを避けるため、看護師に処方箋を渡して、患者の代わりに薬をもらってきてほしいとお願いします。
看護師は事情を察してすぐに行動を開始して、10分以内に目的の薬を持ってきてくれます。

処方箋を受取る薬局かドラッグストアは、渋谷内に結構あるため、すぐに戻れてもおかしくないです。それを患者はお礼を言って受取り、かかった費用と合わせて診察室内で支払います。待合室の受付に料金を支払うと、他の人達に感染する恐れがあるため、診察室で支払うのは自然の流れと言えます。

次に看護師に案内されて、クリニックの非常口から外へ出てもらいます。


普通に歩いていける時は電車かバスで帰ってもらいますが、熱がややある時は、タクシーを使って帰宅してもらいます。



渋谷内の家に戻ったら、会社のほうに自身の風邪がインフルエンザだと連絡を入れます。
会社の上司は、仕事が山積みで忙しい状況でも来てほしいとは言えないので安心していいです。
高熱が出ている場合は、安静にして医者の薬を飲んでいれば3日ほどすれば下がっていきます。
熱が下がっても戻ってしまう恐れがあるため、布団の中で休んでいたほうが無難です。



暇だと感じた時は、布団の中からテレビゲームをしたり、携帯型ゲームをしても大丈夫です。

そして、1週間も経過すればインフルエンザは完治するので、仕事に復帰できます。



Copyright (C) 2016 渋谷のクリニックでインフルエンザだと診断される長所 All Rights Reserved.